医療レーザー脱毛の効果は部位によっても変わってくる

医療レーザー脱毛というのは非常に効果の高い方法だと言われていますが、部位によってもその効き目というのが変わってきます。

その理由としてはこの方法は、毛根に含まれる黒い色素のメラニンに反応をしやすい医療レーザーを照射して毛根を破壊する仕組みになっているためで、黒が光を吸収しやすいという特徴を利用しているため、色素の薄い毛などには効き目が弱まってしまうという理由があるためです。

そのため、太い毛であったり濃い部分というのは色も濃いため効率よくレーザーを吸収して毛が抜け落ちやすいのですが、その一方で色素の薄い産毛といったものの場合、レーザーを吸収しづらいため毛根が破壊されづらく、毛が抜け落ちにくくなっているのです。

しかし、一般的なサロンなどで行われている光を用いた方法よりも、医療レーザーというのは出力が強いため効き目が弱いと言われている産毛に対してもある程度の効果を発揮し脱毛をすることができるようになっています。