YAGレーザー脱毛後のケア

足

1064nmという長い波長をもつYAGレーザーは、他の機種に比べて肌の奥までレーザーが届くという特徴があり、医療レーザー脱毛が受けられないとされていた色黒の肌や日焼けした肌、あるいは色素沈着のある部位でも脱毛が可能となっているのが特徴です。 冷却しながら照射することで痛みも抑えられますし、他の機種に比べてメラニンへの反応が弱いので、比較的肌にやさしく安心して脱毛することができます。

とはいえ、やはり毛根を熱によって破壊するという処理を行うため、肌への刺激が皆無というわけにはいきません。 そのため、やはりアフターケアが大切になってきます。施術を受けた当日はお風呂は避け、軽くシャワーを浴びる程度にしましょう。 飲酒や運動など体温を上げる行為は肌に炎症を起こす元となるので避ける必要があります。 また、敏感になっている肌を保護するために保湿をしっかりと行い、紫外線から肌を守るため外出時には必ず日焼け止めを塗りましょう。

施術直後は赤みやほてりを感じることがありますが、数時間、長くても数日たてば自然に消失します。 もしそうした症状が長く続いたり、あるいはひどくなるようなことがあったら、すぐに施術を受けたクリニックで相談しましょう。